大手企業が導入する「週休3日制」の効果とは?

◆ユニクロが制度導入

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、10 月から転勤のない地域正社員に「週休3 日制」を導入します。業務が繁忙になる土日祝日を原則出勤とし、平日の3 日間を休みとする
ようです。
また、1 日8 時間の労働時間を10 時間にすることで週5 日間働く人と同じ給与水準が可能になります。

◆導入のねらいは?

同社の「週休3 日制」導入のねらいは、多様な働き方を認めて育児・介護等を理由とした早期離職を防ぐことだそうです。
また、従業員の仕事外の時間を充実させるための魅力的な制度として、これからの人材確保、定着を図ることが考えられます。
制度導入により、プライベートが充実し、従業員の仕事に対するモチベーション向上や、仕事が原因のうつ病などの防止につながる効果が期待されます。

◆他社でも導入が可能か?

ファーストリテイリングよりも早く「週休3 日制」を導入した企業では、稼働時間を増やして生産量を増やすのではなく、従業員が短期間で集中して働くことによって作業効率を上げているようです。
日本IBM では、勤務時間のパターンの選択ができ、その時間に反映して給与が増減する「短時間勤務制度」を2004 年より導入し、従業員の私生活と仕事の両立が保たれ仕事の効率も上がったという声が多いようです。
オランダではすでに「週休3 日制」が一般化されているようですが、日本でも導入する企業が増え、離職者の減少や仕事の効率化を図ることができれば、広く浸透する制度ではないでしょうか。